筋力トレーニングも欠かさずに

筋力トレーニングも欠かさずに

飛距離アップに必要な筋力がある

ゴルフをするということは、少なからず全身の筋力を使用することになる。やっている人にしてみればある程度運動になると思っている人もいるが、ある意味全身を使用した競技だと考えれば多少なりとも筋力が必要となる場合もある。ではその筋力を鍛えるためのトレーニングは果たして必要なのかについてだが、ゴルフに最低限とも言われる必要な筋力として挙げられているのは、

  • ・握力
  • ・下半身のバランス
  • ・上半身の強靭さ

などが特に必要な筋力であるといわれることもある。だったら全身ムキムキにすればいいだけのことだと結論を急ぐのは得策ではない、そもそもそうなるだけでどれだけの時間を要することになるか、そっちの方が色んな意味で面倒になる。場合によっては鍛えることに夢中すぎて何か別のことをしている人に間違えられた、などとなってはゴルフ云々以前の問題だ。

いつぞやは全身トレーニングをすることが当たり前であるといわれていた時代もあったという。無論単純に鍛えることが好きな人ならそれでも構わないが、純粋に筋トレをするといってもあくまでゴルフに必要な箇所を鍛えられればそれで良いという人もいるだろう。スポーツをしている人全てがスリムというわけではない、そのことから何も全身が鍛えられていなければならないといった偏見は存在しないことが分かるはずだ。ではゴルフにおいて必要な筋力トレーニングとは何なのかを少し話していこう。

素振りこそ最高のトレーニング

ゴルフで必要な筋力を鍛えるために必要なトレーニングとは何かだが、具体的に紹介すると一番効果的なのはある程度の重量を持っているゴルフクラブを振ることだ。これによって何処が鍛えられるかだが、考えられる限りでは上腕二等筋などが特に鍛えられる。つまりは、ヘッドスピードを速く出すために必要な筋力ということだ。但し腕ばかり鍛えていても意味がないと感じなくもない、そうなると次は下半身を鍛えることで速く重いヘッドスピードに耐えられる下半身を作ることも重要になると考えるのかもしれない。

実際のところ、因果関係については少なからず繋がっている部分はあるにしても、どちらか片方だけが鍛えられていればいいということもない。単純に上半身を鍛えたのに下半身が釣りあっていないと少し不安になってしまう人は、上半身に対して下半身も同様のトレーニングをすることになるだろう。これはゴルフのためというものではなく、人間として純粋に筋力が付いていれば見た目的にバランスが整えられるから、というのも関係しているだろう。

ホームで傘を振り回しているオジサンを思い出す

どうしようもなく下らない話だが、ゴルフクラブで鍛えるといわれると思い出すのが『駅ホームで傘を振り回しているオジサン』の図を連想する人は少なくないと思う。この人達は言うなれば鍛えることはもちろん、自分のフォームを確かめるという意味でもやっていたのかもしれない。では実際に振り回している迷惑な人がいるかというと、そんな人を見かけた事はさすがに一度もない。この話が何処から湧き出てきたのかと気になりもするが、さすがに本題から離れすぎているためあくまで余談だということにしておく。

クラブを使ったトレーニングの注意事項

重いクラブでトレーニングをすればある程度鍛えられると話したが、ここでの注意点としてはあくまで自分のウェイトに適切なものを選ぶということ。この点については通常の筋トレにしても現段階の自分に合った内容でトレーニングをすることが筋力アップに繋がるという話に通じる部分がある。無理に鍛えれば鍛えられるということではなく、筋力を壊す事無く安定したトレーニング内容を行うことが何より大事だということだ。

短く短期間で鍛えたいと気持ちが急ぐこともあるかもしれないが、一夜漬けでボディビル並みの筋力に生まれ変わるといった化物展開はまず気持ちが悪いの一言なので、筋力をつけるにしても焦らず一歩ずつ進むことが大事となる。

ゴルフをしないビジネスマンが損することとは

当社があなたをサポートします!設備が充実した住宅をたくさんご用意!柏 テナントのお部屋探しは当社で!